勤務地を自宅周辺に絞る場合に最適な新聞広告

情報誌やネットに掲載される求人は勤務地の範囲が広い

仕事を探す場合、求人情報誌を活用する人が多いでしょう。昔は有料で販売されているものばかりでしたが、近年は駅やスーパーなどに置かれていて、無料配布の形になっているものが見受けられます。また、求人情報誌の中には公式のウェブサイトを運営しているところがあるので、ネットで探す人もいるかもしれません。ただ、情報誌やネットで探すのは手軽に見えて実はそう簡単ではありません。というのは、勤務地の範囲が広すぎるからです。たとえば駅やスーパーで無料配布されている情報誌の場合、県全域の求人情報が掲載されていて地元の情報はほとんどないことも結構あります。これだと、自宅から気軽に通える職場を見つけるのは難しいでしょう。

新聞の折り込み広告を利用して求人を探す

では、自宅近くという条件に絞って求人情報をチェックするためにはどうすればいいのでしょうか。この場合、一番いいのは新聞の折り込み広告を利用するという方法です。新聞には毎日、いろいろな折り込み広告が挟まれますが、平日はだいたいスーパーなどの広告です。しかし、日曜日になると求人広告が集中して挟まれます。もちろん、新聞の配達地域に合わせた求人なので、基本的には自宅近くにある店、工場などのものばかりです。しかも、求人情報誌には出稿しないところの求人も結構あるので、情報誌と比べて数が豊富であり、自分の条件に合った求人を探せる可能性が高いでしょう。ただ求人の折り込み広告が挟まるのは配達される新聞に限ります。