通勤に掛かる費用と支給される交通費

通勤手当と交通費の違い

仕事選びのポイントの一つが、通勤手当と交通費になります。
通勤手当とは、通勤にかかる費用の補助を目的とした、会社で支払う給与の一部になります。給与手当などに該当する手当で、会社として補助するかしないかは会社の任意になっています。そのため、全額支給しているところから、一部だけ負担してくれるところ、通勤手当を出さない会社などがあります。仕事を探すときの判断材料の一つになりますが、自分の交通手段が手当てに含まれるのかを考慮して選びます。
交通費は、業務中の移動にかかる費用です。出張や営業の時などに電車などの移動代、出張の日当などがこれにあたります。支払った金額は経費として計上できるものですので、会社が払って当然のお金と言えます。

通勤手当の有効活用とは

通勤手当は現在では、福利厚生の一部として支払うことが当然になっています。公共交通機関を利用する場合に1ヶ月10万円以内であれば非課税となります。支給されたお金には税金がかからないため、通勤にかかった費用は手元に戻ってきます。
しかし、これは通勤手当という福利厚生だから戻ってくるという仕組みになっていますが、毎月の給与に含まれていると税金がかかります。通勤手当を有効活用したいという場合には、給与に含まれるのではなく福利厚生として利用できる会社が良いとされています。
また、全額支給か、一部支給かによっても自分の負担は大きく変わってきます。仕事選びの時点で、どれだけ支給してくれるのかをチェックしてしてから選びます。